シューズが処方された疾患

足、脚、膝、腰の痛みを緩和するため、特別に設計して作れたシューズ

ジィーコイルシューズを履くと、どこに良いのか。

ジィーコイルのシューズが下の疾患にどのようなサポートをしてくれるのか。
(より詳しく知りたい場合は下の疾患の名称をクリックしてください。)

足、脚、膝、腰の痛みを緩和するため、特別に設計して作れたシューズ

“衝撃が減ると痛みが減ります.”
という真理を実現させたシューズ

足、膝、坐骨神経痛、股関節、姿勢、骨盤、お尻、歩き方による疾患を予防し、痛み緩和、早期自然治療はどのようにできるのか。

足、膝、坐骨神経痛、股関節、姿勢、骨盤、お尻、歩き方による疾患を予防し、痛み緩和、早期自然治療はどのようにできるのか。

足、膝、坐骨神経痛、股関節、姿勢・骨盤・お尻・歩き方を予防し、痛み緩和、早く自然治療をするのにどんなことをしてくれるのか。

足、臀部(股関節)、膝の損傷や痛みも様々な方法でジィーコイルシューズがためになると思います。

スプリングヒールがあるジィーコイルシューズは一般の靴に比べて約50%以上痛みのある関節に加わる衝撃をより吸収しますし、このスプリングヒールは臀部の均衡、脊椎整列などを維持しながら足の長さ不一致問題を最小化しながら(スプリングクッションを左右の足を異にしながら自動的に正しくバランスの取れた体の姿勢を維持します。

ジィーコイルシューズにぴったり合わせた硬い整形外科のミッドソールが足があまり動かないようにしてくれます。

つまり、脚が内に曲がらなかったり(X形)、また外に曲がらないと(O形)膝と臀部も互いにずれないのです。ジィーコイルシューズの丸い曲線の形の靴底は楽に歩行出来るように(rolling-walking)してくれるため膝の関節に無理が当たらないようにしてくれます。

スプリングヒールがあるジィーコイルシューズは一般の靴に比べて約50%以上痛みのある関節に加わる衝撃をより吸収しますし
[体験談] [ジィーコイルシューズを処方したアメリカのお医者さんの処方箋]
*重要事項*
何故アメリカのお医者さんはジィーコイルシューズを脚,足、腰が痛い患者さんに処方するのか。(1)

私達が知っている脚、足、膝(関節)、腰(ヘルニア)の痛みの90%以上は炎症による 疾患です。痛みがある部分を抑えた時痛みを感じる場合は、足、脚、膝、腰の筋肉、筋などに炎症がある証拠です。 つまり、90%以上は炎症だけ治れば完治できるものです。

炎症を和らげるためには、足、脚、膝、腰に繰り返し加わる衝撃を減らし、炎症の部分に継続的にマッサージをして、毛細血管の血流量を上げると 炎症が緩和され、ごく必要な場合に限って、消炎剤の処方を並行するとより良いです。

例示1)

MRI検査などで椎間板ヘルニアの所見あり、仙骨の痺れ、足の痺れ、足首の力の無し、足裏の痛みがある場合も、約80%以上が衝撃緩和、マッサージ、適切な運動をすれば自然治癒されます。

つまり、交通事故などの強い衝撃、悪性腫瘍,珍しい疾患でないとヘルニアの手術をするのをできるだけ抑えて、また手術の後早いリハビリのために衝撃緩和、マッサージ、筋肉の強化などが必須事項です。

上の三つ(衝撃緩和、マッサージ、筋肉強化)をジィーコイルシューズは全部提供し、アメリカのお医者さんがヘルニアの患者さんにジィーコイルシューズを処方しています。

例示2) 半月板軟骨が薄すかったり、荒れたり、破れたりした時、これをよく変形性関節症と呼ぶことが多いです。この場合は半月板の破れてしまった表面を整えたり、縫合したり、損傷がよりひどい場合は他人の半月板を 移植したり、自分の軟骨細胞を育てて入れるなどの方法がありますが、今現在まで満足するような結果はまだ出てないですし、体の動きが不可能な場合、最後の手段として人工関節の手術を考えた方が良いです。

半月板は再生が不可能なため40歳以上になると半月板の損傷を積極的に予防したり、損傷された半月板を保護する方が最善の方法です。
つまり、自分の元のものが最高に良いのです。
このためには、下肢整列(股関節―膝―足首―足裏に至る適正Q角維持)、膝の衝撃防止及び膝筋肉強化などを提供しなければならないです。上の三つ(下肢整列、衝撃防止、筋肉強化)をジィーコイルシューズはすべて提供することでアメリカのお医者さ