シューズが処方された疾患

足、脚、膝、腰の痛みを緩和するため、特別に設計して作れたシューズ

ジィーコイルシューズを履くと、どこに良いのか。

ジィーコイルのシューズが下の疾患にどのようなサポートをしてくれるのか。
(より詳しく知りたい場合は下の疾患の名称をクリックしてください。)

足、脚、膝、腰の痛みを緩和するため、特別に設計して作れたシューズ

“衝撃が減ると痛みが減ります.”
という真理を実現させたシューズ

足指のこぶ(外反母趾(がいはんぼし))

足指のこぶ(外反母趾(がいはんぼし))

足指のこぶ(外反母趾(がいはんぼし))

足の親指の側面が突き出たように見えたり奇形な形をしている場合は、足の親指の内側にこぶがあるように見えます。

足の親指の関節の骨が突き出ているこぶは靴を履く時の摩擦、または痛みの原因になります。

足の小指の外側にあるこぶも強い痛みの原因になります。

ー酷い内股の歩き方をしたり、足指の部分の靴の幅が狭かったりするとこぶができます。つまり、足指は外側に離脱して足指の前の骨が内側に動いてしまい、この部分が捻られてこぶができます。

足の親指の関節の骨が突き出ているこぶは靴を履く時の摩擦、または痛みの原因になります。
ジィーコイルシューズはこぶを予防し、早く自然治療をするのにどんなことをしてくれるのか。

すべてのジィーコイルシューズは足指の部分の面積が他の靴に比べて広く、シューズの甲皮は足にあるこぶの痛みを緩和するために伸縮性のある素材を使っています。

スプリングヒールは位置の調整ができ、歩き方の矯正が可能なので、足にこぶが出来るのを防止します。

[体験談] [ジィーコイルシューズを処方したアメリカのお医者さんの処方箋]
*重要事項*
何故アメリカのお医者さんはジィーコイルシューズを脚,足、腰が痛い患者さんに処方するのか。(1)

私達が知っている脚、足、膝(関節)、腰(ヘルニア)の痛みの90%以上は炎症による 疾患です。痛みがある部分を抑えた時痛みを感じる場合は、足、脚、膝、腰の筋肉、筋などに炎症がある証拠です。 つまり、90%以上は炎症だけ治れば完治できるものです。

炎症を和らげるためには、足、脚、膝、腰に繰り返し加わる衝撃を減らし、炎症の部分に継続的にマッサージをして、毛細血管の血流量を上げると 炎症が緩和され、ごく必要な場合に限って、消炎剤の処方を並行するとより良いです。

例示1)

MRI検査などで椎間板ヘルニアの所見あり、仙骨の痺れ、足の痺れ、足首の力の無し、足裏の痛みがある場合も、約80%以上が衝撃緩和、マッサージ、適切な運動をすれば自然治癒されます。

つまり、交通事故などの強い衝撃、悪性腫瘍,珍しい疾患でないとヘルニアの手術をするのをできるだけ抑えて、また手術の後早いリハビリのために衝撃緩和、マッサージ、筋肉の強化などが必須事項です。

上の三つ(衝撃緩和、マッサージ、筋肉強化)をジィーコイルシューズは全部提供し、アメリカのお医者さんがヘルニアの患者さんにジィーコイルシューズを処方しています。

例示2) 半月板軟骨が薄すかったり、荒れたり、破れたりした時、これをよく変形性関節症と呼ぶことが多いです。この場合は半月板の破れてしまった表面を整えたり、縫合したり、損傷がよりひどい場合は他人の半月板を 移植したり、自分の軟骨細胞を育てて入れるなどの方法がありますが、今現在まで満足するような結果はまだ出てないですし、体の動きが不可能な場合、最後の手段として人工関節の手術を考えた方が良いです。

半月板は再生が不可能なため40歳以上になると半月板の損傷を積極的に予防したり、損傷された半月板を保護する方が最善の方法です。
つまり、自分の元のものが最高に良いのです。
このためには、下肢整列(股関節―膝―足首―足裏に至る適正Q角維持)、膝の衝撃防止及び膝筋肉強化などを提供しなければならないです。上の三つ(下肢整列、衝撃防止、筋肉強化)をジィーコイルシューズはすべて提供することでアメリカのお医者さん達が変形性関節炎の患者にジィーコイル シューズを処方します。

例示3) 足の踵の中央や周辺が痛い時、足底筋膜炎と診断されます。足底筋膜炎は難治性疾患で消炎剤、マッサージ、オーダーメイドしたインソールの処方などがありますが、一時的に痛みを緩和してくれるだけで、頻発な再発を防ぐことはできないです。いつも立ったまま働き、歩かなければならないため筋膜炎が治る暇さえないのです。

立ったまま働き、 歩きながら仕事をする時、足底筋膜炎が自然に治る方法は筋膜の部分がもっと伸ばされて勝手に動くのを制限しながら足を十分にマッサージして足裏の血流量を上げるのが最善の方法です。

ジィーコイルシューズは損傷された足底筋膜炎がもっと伸びたり、衝撃を受けたりするのを防止し、足底筋膜炎がもっと早く治るように設計されています。

つまり、ジィーコイルシューズは、ヒールの高さの調節、整形外科の矯正用のミッドソールが足の不要な動きを防止、スプリングヒールの衝撃吸収、 足裏の圧力分散による足のマッサージなどを全て提供できるので、アメリカのお医者さんが足底筋膜炎の患者さんにジィーコイルシューズを処方しています。

ジィーコイルシューズの衝撃緩和

一般的な靴に比べて、ジィーコイルシューズは足の前の部分に約95%以上、踵の部分に45%以上の衝撃が緩和されます。スプリングヒールが 使うはずのエネルギーを50%以上返してくれ、歩く時後ろで50%ほど体を支えてくれます。 シューズの中にある硬い整形外科の矯正用のミッドソールが足の不要な動きを防いでくれます。 足裏の圧力を分散してくれます。 ジィーコイルシューズに付けている付属を、体重、疾患、歩き方、職業によって、スプリングを始めとしたシューズの様々な部分を個人に合わせて一つ一つ調整致します。

ジィーコイルシューズのマッサージ:筋肉強化

一般的なシューズに比べて足裏全体の圧力の分散及び足首、膝、腰の筋肉を強化しながら歩行するように設計され、体全体の部分がマッサージできます。 つまり、負傷防止及び筋肉強化のために運動選手が砂の上でトレーニングする方法と同じてすが、スプリングが後ろで50%支えてくれるので歩き方がもっと軽くなります。

顧客別の健康進行度のチェック

お客様の健康進行度をチェックし、一人一人に合わせてシューズのオーダーメイド致します。
*米国国立センディア研究所及びロスアラモス研究所からの研究結果値

アメリカのお医者さんは何故ウォーキング,リハビリ、ダイエットにジィーコイルシューズを処方するのか。(2)

筋肉か発達した人の中で体脂肪率が高い人はあまりいないです。筋肉が脂肪を無くす役割をするためです。
体脂肪率を落とすためには体に筋肉を増やす方法しかありません。特に、ふくらはぎ,お尻、腰、腹部の筋肉量を増やすと体脂肪率を落とせます。すべての人々は、 短時間に高いカロリーを使ったり、筋肉を増やそうとするけれど、それと同時に必然的に起こるしかない足、膝関節、腰などの損傷を防止しようとします。 ウォーキング、パワーウォーキングはカロリー消耗量が多く、体の全般の筋肉を発達させて体脂肪率を落とす一番良い運動の中の一つです。

ジィーコイルシューズは上の三つ、高カロリー消耗、筋肉強化、足、膝の関節、腰の損傷防止をすべて提供致します。 つまり、運動選手が負傷しないように、そして筋肉強化のために砂場の上で走ること、パワーウォーキングをすることと同じ原理です。スプリングヒールが体に加わる衝撃を約50%以上緩和してくれますし、歩く時後ろで50%ほど体を支えてくれて歩きがもっと軽くなります。

一般的な靴に比べでジィーコイルシューズは足の前の部分に95%、踵の部分に50%ほどさらに衝撃を吸収している実験結果が出ていて、脊椎、骨盤、股関節、膝、足首の衝撃を緩和して関連疾患を予防、回復するのに効果があります。

ジィーコイルシューズはお客様の年齢、職業、疾患、体重、肥満度、歩き方及び偏平足の有無によってジィーコイルシューズを個人に合わせて一つ一つ調整し、お客様にぴったり合うウォーキングあるいはダイエットのためになるシューズを提供し、毎週ごとに顧客別の健康新行動を把握して進行程度に合わせてオーダーメイドを致します。 *アメリカ国立センディア 研究所及びロスアラモス研究所からの研究結果。